古書を相手に送るだけ

額にお札をかざす女性

古書の買取りをお願いしたくとも、店舗が遠方にある場合や、多忙でなかなか立ち寄れない方も多いのではないでしょうか。
そこで、そんな方々にオススメなのが、郵送による査定・買取りなのです。
一般的には店頭に直接、不要となった古書を持って行くことになるかと思いますが、全員が簡単に店舗に寄れるわけではないのです。
そこで便利なサービスとして郵送が注目されたのです。

郵送であれば、不要な古書をダンボールに詰めるだけで済みますし、あとは店舗に送るだけです。
業者側がその内容をしっかり丁寧に査定し、的確な見積もり金額を伝えてくれるのです。
自宅にいながら古書の買取りを進めることができるでしょう。
また、郵送で古書を送るわけですが、もし見積もり金額に不満がある場合は、その買取りを拒むことができます。
その場合は送った古書がそのまま返品されるだけですので、また違う店舗に郵送で査定の依頼を出すことができるのです。
査定の結果に満足であれば、そのまま買取り手続きを進めてもらうことができます。
自宅にいながらも、不要な古書の数々を処分することができるため、たいへん便利なサービスとして人気なのです。
古書の買取りに限らず、あらゆる買取りサービスにおいて、この郵送サービスは採用されています。
どんな買取りでももはや常識となりつつある査定方法となっています。